▽CALENDAR.
06| 2017/03 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次の人バトン。

** Selfish Always.. ** 』 のナナ様からバトンが回ってきました。

最近は、記事を考える時間がなかったから、バトンはもってこいのネタです。

ありがとうございます^^


では久々のバトンに行ってみましょうか。



★☆決まりごと☆★

・①、②、③で 回してくれた人の質問に答える

・④で 次の人への質問を考える

・⑤で バトンを渡してくれた人にメッセージ

・⑥で バトンを回す人3人



で、ナナ様からオイラに回って来たお題は以下の3つ。


 ●あなたは変態ですか? よろしければ配合を教えてちょ。

 ●異性に言われた、過去最高の胸キュンフレーズ教えてちょ。

 ●今まで書いた記事の中で、一番気に入っている記事を教えてちょ。




さっそくいきましゅ。



①あなたは変態ですか? よろしければ配合を教えてちょ。


ちょ、ちょっとね (*´σー`)エヘヘ

うん、ちょろっとだよ。

皆様が思っているほど変態じゃ、ないんだってばよ!!


女性を目の前にしたら、息遣いが急に荒々しくなって、ヨダレが垂れ流し状態になり、相手のカラダ全体をゆっくりと、そして舐めまわすように見るだけの、いたって普通のオサーンなんですよ。


ねっ、こんなに普通な男性なのー。

今日からはジェントルマンって呼んでね。


ヽ(´ー`)ノ



配合かぁ~。

S度2 : M度98

くらいかな?


Sに、2あるのがポイント。

少ないけど機を見て行く時は、ビシビシと行くの~。

無謀にアタックするの~。

それで、返り討ちパターンが定石。

横浜ベイスターズが優勝した時の佐々木に繋げる時の投手リレーくらい定石なのー。




まっ、ただ単に空気が読めないだけだけどねっ!!!!





②異性に言われた、過去最高の胸キュンフレーズ教えてちょ。



「お、大きくなったねー。」





いやいや、違うんだ。

これは、あれだよ。


あー、

そこー、

消さないでー。




_| ̄|○

選択ミス。







…気を取り直して。

これは久々に会った時に祖母から贈られた最後の言葉。

別の意味で胸キュンなフレーズ。

これを思い出すと、今でも号泣できる。




って、こんな事を聞いている質問ではないよなぁ。

過去最高の胸キュンかぁ。




☆ミ――― 幼稚園時代のお話 ―――☆ミ



オイラの幼稚園はバスで送迎するシステムだったの。

それで、オイラとイケメン君と可愛いおにゃのこの3人が同じバスだった時のお話。

まぁ、いつものフォメだよね。


それに異性には、まったく興味がなかった時代。

・・・・・いやあったか?

あったなw

そ、そういえば、ちょこっとラブレベルだけど、あったなー。


(*´艸`)


でもオイラは、異性より戦隊モノに必死な時代。

家に帰って戦隊モノのテレビやビデオを見るのが至福の時間。


私「時代はレッドだー。」

と、戦隊モノのリーダーの赤にゾッコンラブ。


戦隊モノごっこをする時も、自分が赤じゃないと泣き出すくらいゾッコンラブ。



そんなアフォ少年が、いつものように鼻を垂らしながら、

私「帰るぜ!!」

と、一人ノリノリで飛び跳ねていた。

私「今日もレッドのカッコいい所を見るんだー!!!!」

ってねw



送迎をしてくれる優しい担任の先生が、ちょっと用事があることなので、バスの中で話に花を咲かせるオイラ達。

そう、ウキウキウォッチング。


オイラは必死に戦隊モノの赤は凄いんだぜーと、馬鹿丸出しの話を目を輝かせて話していた。

2人は大人なので、へぇ~って話を聞いてくれた。

イイ奴らだよ、まったく。




話が途切れたその時、

唐突に、

おにゃのこはオイラの目を真っ直ぐ見つめて・・・・・。


















おにゃのこ好きなんだ~^^」 

私「????????」

まるでポカーン状態。




おにゃのこ好きなの~^^」 

私「sfghjkl;ぢうytりゅいおdfxgcfうぇrちゅいおdfghjklxcvbんm。」




史上最高のパニック。

タイタニックに乗っている人達以上にパニック。






☆ミ――― 完 ―――☆ミ




胸キュンフレーズには、色々と種類があると思うけど、

シンプルな言葉ほどグサりと突き刺さる時ってあるよね。








・・・胸キュンフレーズを言われた事がないだけだという事は口が裂けても言えないw








③今まで書いた記事の中で、一番気に入っている記事を教えてちょ。


自分の記事に順位をつけるのは、正直オイラには無理かも…。

どれも一生懸命書いた記事だから…。


でも、どうしてもと言われれば、つけちゃうw

ヽ(´ー`)ノ



個人的にノンフィクション記事が気に入っています。

多分、読者の皆様方も気に入っていただけていると勝手に解釈しています。

これは、やはり実話を元に書いているので、妙な説得力があるのかなぁ~と一人で分析しました。

が、

時にはグダグダなオチ、時には変態丸出しのオチ、時には珍しくもキレているオチ、というブロスタイルが気に入っていただけてるのかなぁとも思います。


今読み返しても、結構イケてるなぁという印象の記事も少ないですがあります。

その多くが物語系の記事なので、今日はその記事の中でも完成度の高い方に位置していて、私も気に入っている一作品をピックアップしたいと思います。



読んだ事がない人は勿論の事、今までに読んだ事がある人も、もう一度読んでみてはどうでしょうか?




コンビニ物語パート1。

コンビニ物語パート2。

コンビニ物語パート3。




今日、読み返してみましたが、いいわけしている部分も含めて、この記事を読めば、私のすべてが分かっていただけると思いますた。


他にもノンフィクション記事がありますので、コンビニ物語を読んで気に入っていただければ、他の記事も是非読んでみてください。





④次の人への質問です!


①ドラゴンボールの登場人物の中で一番気に入っているキャラは?

オイラは断然ヤムチャ!!

この人の転落人生がオイラとウリ2つで、どうしても気になって仕方がないからです。


②なぜブログを始めようとしたのでしょうか?

ふと、色々なブロガーの方が、どうして始めようと思ったのか気になりました。


③今日現在で4回目の放送になりましたが、オイラの音声放送を1度でも聞いたことがあるでしょうか?

YESの方で感想や改善点があれば教えていただきたいのですが…。


2つ以上質問が浮かばなかったので感想を求めてみた。

はい、自己中です。



⑤ナナ様へ


アロハーvv

1万ヒットおめでとうございます。

これからも今の調子で、がんばがんばー!!

がんばといっても無理しない程度にねん♪


そういえば最近、記事のクオリティーが高いですね。

昔から良かったけど、今はもっとイイね。

記事を書く時にかける時間が多いのかな?

と、予想w

もし、多いのであれば体調には十分気を付けて下s(ry


同じ事を2回言うのはしつこいなぁ~w



⑥次にバトンを回す3人の方


最近、仲の良かった方のブログに訪問は辛うじてできるのですが、コメントを残せていません。

だからこそ、この時ばかりに、

「バトン持ってキター。」

とは、口が裂けても言えません。


だからバトンを回すのはストップです。

ごめんなさいです、ナナ様。

せっかく回していただいたのに…。


でも、質問を1時間ほど考えてみましたので、やっていただける心優しき方がおられれば、持って行ってください。

そうしていただけると、私のテンションは狼牙吹吹拳をかます時に見せた本気ヤムチャと同レベルまで行くでしょう。









では今日はこの辺で。












えっ、胸キュンフレーズの続きが気になるって…。


それはね…。


内緒w


皆様のご想像にお任せします。
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイト次の人バトン。のトラックバックURLはこちら
たまにはイイ事を言ってみたいの!!◇ ◇今日からが本当のスタート。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。