▽CALENDAR.
06| 2017/03 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memories of Spring No.3

前の話を読まれていない方は、前の話を読んでいただけると幸いです。


【バックナンバー】

Memories of Spring No.1

Memories of Spring No.2



↓の話を読んでいない方は読んでいただくと、より理解できるできると思います。


【関連バックナンバー】

ちょっち旅行してみますた。

ちょっち旅行してみますたパート2。

ちょっち旅行してみますたパート3。

ちょっち旅行してみますたパート4。

ちょっち旅行してみますたパート5。

ちょっち旅行してみますたパート6。

ちょっち旅行してみますたパート7。








『チームカナリアと接触してみる』の巻



横浜に予想以上の速さで到着。

暇なので、有名なランドマークタワーに登って、時間を潰す事に…。

が、

10分程度しか楽しめない飽き性。

まぁ、ヒデは十分楽しんでいる様子なので、椅子を見つけて座って携帯アプリのドラクエをしながら時間を潰す事に…。

それでも30分が限界ですよ。


相手チーム&チームメイト(ツネ様シュンスケ)と合流まで残り1時間。

ランドに飽きて、近くの本屋に…。

ここは立ち読みのスペシャリストを発揮する場所だ。

こう見えて、立ち読みには定評がある。

立ち読みで涙を流せる男は、日本ひろしと言えども、そんなにいないんじゃないか。

※ 立ち読みで涙を流した事を過去記事に書いているはずなので、興味のある方は探してみてクラハイ。



でもなぁ~。

最近は腰が…。

もう歳かな?

30分程度で、ねを上げるようになったザンス。






(30分後…)





残り30分だ。

そうだ、という掛け声とともに、サッカーショップに行ってみる。

ヒデはまったく興味がないので、つまらなそうだ。

オイラは陳列されているユニフォームに一喜一憂。


家にアーセナルのアウェイユニしかない男には、まさに天国。

しかも家のユニは固有選手のユニではない安物の…orz



えぇ、そうですよ。

私は薄っぺらな愛情しかサッカーに持っていませんよ。

知識も愛情も…。


いたたたたぁーだなぁ。

でも、ここは男を見せる時だ。

お金もあるし…。

アンリのユニもある。


よしっ、という事で…、






























ユニフォームにスリスリしただけで店を後に…。


だって高かったんだもん。

おっ、そんなこんなで、時間はちょうどイイ感じ。


向かうは待ち合わせ場所へ。


2時半ちょっと前に、日本全国に散らばるドラゴンボールに…、じゃなかった、チームメイトと合流。

これで4名揃った。

よしよし、作戦会議だ。

と、思いきや、話題は1本。


「なぜ、オマエレベルが合コンをセッティングできるのか?」


けっ、どうせレベルはヤムチャ級ですよ。

答えをはぐらかしつつ、おにゃのこ達を待つ。




予定時刻になり、1本の電話が…。


私(´・ω・`)「も、もしもし。」

ナナ様「今、着きましたよ♪」


おにゃのこは到着しているらしい。

ほうほう。

どれどれ。




( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ




レベルという次元がね。

違うね。

もうRPGで最初の町から始めて外に出た時にラスボスと当たるくらいのレベルの差。




そんな姿を隠すことで必死。

もうドギマギモード突入。

それを必死に悟られないように隠していたが、

多分、バレバレだっただろうなぁ思う今日この頃。



チームカナリアは2名(ナナ様麗奈さん)の姿しか見当たらない。

なんでも他の2名(千夏さん理子様)の方は遅れてくるとの事…。



自己紹介を簡単に済ませて、親睦を深めましょうという事でカフェへ。

ほうほう。

というか、もう身を預ける思いですよ。

流石、元プロのお方達だ。

話がスムーズですよ。








試合開始直後からペースは完全にカナリア。

予想済みの展開の中でなんとか1点の光を見つけないと…。





では今日はこの辺で。

blogランキングへ
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

『』
>日本ひろし

これって日本、広しですよね?

最初「日本 ひろし」さんかと思いましたw
2006/03/24(金) 14:21:09 | URL | ヘイポー #JalddpaA[ 編集]
『』
そうです。
漢字にしておけば良かったですね。
でも「日本 ひろし」もなかなかイイ感じw
2006/03/24(金) 18:03:33 | URL | ブロ #hFsbAcHI[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイトMemories of Spring No.3のトラックバックURLはこちら
Memories of Spring No.4◇ ◇Memories of Spring No.2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。