▽CALENDAR.
06| 2017/03 | 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ物語パート2。

(前回までのあらすじ)
母とコンビニに行く事になったブロ。でもコンビニを目の前にブロの目に飛び込んできたものは、いかにも拾ってとアピールしている財布が一つ、その存在に気付き、ブロの中で色々な想いが交錯する。果たしてこの後どうなるのかっ!?





財布まで数歩の所まで来ているブロ。

作戦決行のためドキドキしているブロ。

いや、むしろ拾った後のシミュレーションで頭がいっぱいであるブロ。




シミュレーション発動。




~~~~~シミュレーション開始~~~~~



私(´・ω・`)「あっ、靴ひもが!!」

さりげなく財布を、かがんだお尻の下に隠す。

そう、さりげなさが命である。

「靴ひも…、先行ってるわ。」

私(´・ω・`)「うん、すぐ行くから…。」





母の姿がコンビニへと消える事を確認。

(´・ω・`)→(`・ω・´)

勿論、ワルのライトへ変身。

※言い忘れたが、ライトとは漫画界でも屈指のイケメンであると同時にワルな一面も持ち合わせている人物。そのイケメンさとワルな部分のギャップが女性の心を掴んで離さないのでは…、と私は分析しているw





財布を拾い上げて、中身を確認。

そこには、女性の免許証が…。

写真を見てみるとベッピンさんの姿が…。

いや、ただのベッピンさんではない、いわゆる完璧な女性。



私(`・ω・´)「はははははははははっ!!」

私(`・ω・´)「とうとう、神が私にチャンスをお与えくださった。」



母に事情を説明して交番に届ける。

警察官は財布に免許証が入っているため落とした人と連絡を取るとの事。

その結果、すぐにこの交番に来るらしい。

警察官に待つかどうか聞かれる。




私(`・ω・´)「勿論、待ちますがな。」






 ― 数分後 ―






ベッピンな女性「す、すみません。」

と、可憐な声を響かせて交番に現れたのは、免許の写真と同じ女性。


警察官「本人のようですが、ちょっと、簡単な質問をしますよ。」

と、財布を落とした本人かの確認を行う。


本人確認終了後に、警察官が…。

警察官「落とした財布を拾ってくれたのが、この人です。」

とブロを女性に紹介する。


ベッピンな女性「あっ、この度はどうもありがとうございました。」

私(`・ω・´)「当然の事をしたまでですよ。」

ベッピンな女性「あなたみたいな、紳士の方に拾われて良かったです。」

私(`・ω・´)「いえいえ、紳士だなんて…。」


警察官「拾った人は財布に入っていた金額の2~3割の謝礼を貰えるんだけど、どうします?」

ベッピンな女性「是非!!」

私(`・ω・´)「いえいえ、いただけませんよ。お気持ちだけで十分です。」

警察官「いらないのなら、この書類にサインして。」

ベッピンな女性「困りますよ~。」




サインをしながら…、


私(`・ω・´)「女性からお金を受け取るような、カッコ悪い事はできませんから…。」









結局、強情な紳士に女性が折れる形で謝礼の件はなしの方向へ。

そして、交番を後にする2人。









ベッピンな女性「あ、あの~、謝礼とか関係なくて、食事にいきませんか?」

私(`・ω・´)「ああ、それなら構いませんよ。」


若干、女性に笑顔が戻ると同時にテンションも上がる。


ベッピンな女性「ど、どこに行きますか?」

私(`・ω・´)「あなたと、いっしょならどこでも構いませんよ。」

ベッピンな女性「ま、まぁ~、どうしましょう。」



…と夜のネオンに消えていく2人。

こうして、夜は更けていった。




~~~~~シミュレーション終了~~~~~




私の心(`・ω・´)『我ながら完璧すぎるシミュレーション。』

私の心(`・ω・´)『これはいける!!』






いつしか、心に刻んだはずの『焼肉』という文字は、どこかに飛んでいっている。

でもそんな事は、もはや問題ではない。







果たして、このシミュレーションが報われるのであろうか?

次話をご期待して下さい。








↓に私から読者の方々にお伝えしたい事を書きました(ネタバレ含む!)
でもただの愚痴なので、見ない方がイイかもしれません。
その辺は自己責任で、お願いします。
見たい方はドラッグして見て下さいね。


(作者から)

まさか、昨日の記事があんなに反響があるとは思ってもいませんでした。
かなり驚きましたよ~。
実話をもとに何気なく書いたのですが、もう殆どボツネタでしたので…(それをアップするアナタの神経に乾杯ですよ

ボツネタだっただけに、嬉しさはかなりのモノです。
この場を借りて、心の中で『b』と思っていただいたすべての皆様方にお礼を申し上げます。
ありがとうございますm(_ _)m

ただ、このブログをちょっとでも読んだ事がある方なら、分かると思いますが、もの凄く期待を裏切る作者なので、本文中にはカッコよく次を期待して下さいと書いていますが、期待しないで下さいねw

オチなんて・・・・ない・・・・ので・・・・orz

( 工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工









では今日はこの辺で。

blogランキングへ
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

『』
一瞬、おぉ!ブロさんさりげなくやりますやんbって思ったら・・・・
ってこれシュミレーションかいなっ!!
って思いました笑
さて、どれほどのどんでんがえしがくるのでしょう笑
2006/02/20(月) 19:28:59 | URL | masa104 #-[ 編集]
『』
おそらく…

ブロ「あっ、靴ひもが!!」
さりげなく財布を、かがんだお尻の下に隠す。
母 「靴ひも…先行ってるわ早く結びなさい!」
ブロ「………」
母 「何してるの!早くしなさい!それとも何かあるの!?」
ブロ「べ、べ、別に何もな、ないってばよ…」
母 「そう。なら早く行くわよ!!」
ブロ「わ、わかってるってばよ…」
  (よし今のうちにポケッt
母 (ふり返る
  「今、何隠したの!
   ほら、捕らないから出しなさい!
ブロ「わ、わかったよ~…」
  (絶対返さないだろうなぁ~
母 「何この財布…
   あんた一体誰から盗ったの!」
ブロ「ひ、拾いました…」
母 「あらそう。じゃあ警察にととけなきゃ」



警察官「あ~どうもありがとうございました~」

   ~おしマイケル~

なんだこれ  ヽ(´ー`)ノ

P.S.

ヘイポーって人かなり痛い人だよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネェー
2006/02/20(月) 22:27:19 | URL | ヘイポー #JalddpaA[ 編集]
『』
お~完璧ですね、このシュミレーションっておいっ!!
なんか、シュミレーションってゆうか妄想の様な
あっ、なんでも無いです…なんでもwww
この後の続きはどうなるんでしょう?
期待しないで待ってま~す^^
2006/02/20(月) 23:42:46 | URL | クロル #0nGUYP9w[ 編集]
『』
>masa104様

masa104様みたなカッコヨスな度胸を持ち合わせていませんからねw
どんでんがえしにならない、ある意味すごい終わり。
もう皆様の「えーっ!」が聞こえてくるような…www


>ヘイポー様

うん、これでイイじゃん。
私のオチより面白いw
ってヘイポー様、早くブログを書いた方がイイですよ。
私の何倍も面白いので…。


>クロル様

私は妄想大王ですからねw
そう、期待しないのが一番ですよ。
2006/02/21(火) 05:17:18 | URL | ブロ #hFsbAcHI[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイトコンビニ物語パート2。のトラックバックURLはこちら
コンビニ物語パート3。◇ ◇コンビニ物語。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。