▽CALENDAR.
06| 2017/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダに復讐できた。

現実の話。
バレー
今日のオランダ戦は見事の逆転勝ちを収めた我等が日本。
日本でただ一人復讐という目で見ていた私にとっては非常にストレス発散になりました。
この調子で次の戦いもがんばって欲しいと思います。
私はまた日本でただ一人コンフェデでの借りを返して欲しいと思い応援したいと思います。
でも次の対戦相手は前回の覇者であるブラジル。
ということで次の試合も良い戦いを…お願いします。
せめて1セット奪取して~。

---------------------------------------

ゴルフ
今日、4大大会の1つである全英が始まりました。
この大会で現役生活を終えると発表した選手がいます。
ゴルフの世界では私の尊敬するプレーヤーの1人であるジャック・ニクラウスです。
ゴルフ史上最高のプレーヤーであるジャックも今年で65歳になり、いわゆる定年ということなのでしょう。
スポーツの世界には華々しいデビューもあれば別れも付き物です。
別れに的を絞れば、毎年のように何名かのプレーヤーがスポーツという舞台に別れを告げます。
でも別れを選択したすべてのプレーヤーが華々しく引退するのではなく、みんなに忘れられてひっそりと引退するプレーヤーもいるでしょう。
もしかしたら華々しく引退するプレーヤーの方が少数なのではないでしょうか。
ジャックは間違いなく華々しく引退する数少ないプレーヤーです。
私の人生の中で非常に辛かった引退は過去に数えるくらいしかありません。
ジャックの活躍していた時代と私の人生がマッチしていないのでその中に入るかは今はわかりませんが辛い事は確かです。
人生がマッチしている人の多くは非常に辛く中には涙ぐむ人も多いのではないのでしょうか。
興味のない人にはわからないかもしれませんがそれぐらい衝撃的な人物なのです。
ジャックの試合が見れるのも予選に通らなければ明日だけしかありませんので、もしゴルフに興味のない人も明日の試合は見てみたらどうでしょうか?

私は引退するプレーヤーがとても好きなプレーヤーの時は必ずと言っていいほどハンカチを濡らします。
やはりいつの時代も別れは辛いです。
明日の試合は私の心の中に深く刻み込みたいと思います。ハンカチを持って。


引退の話なのでついでに話すと1番辛かったスポーツ選手は2人いて、1人はマイケル・ジョーダンです。
スポーツ界の歴史の中で1番神に近い男をあげるとしたら彼でしょう。
人気と実力を兼ね備ており、努力も人一倍してきてバスケットの情熱は誰にも負けないし、振る舞いはとても紳士的である褒める事は山のようにあるプレーヤーである。
そんな彼はバスケットがあまり有名でない国でも名前は聞いたことがあるくらいの知名度で、日本でも知らない人は少ないでしょう。
彼はバスケット人生で3回引退という道を選択しました。
言い換えれば過去に2回復帰したとも言えます。
なので世界のファンの中の多くはもう復帰する事はないと思っていてもいつかまた復帰してくれるのではないかと心の中で少し期待しているでしょう。私もその中の一人です。
でも2回目に復帰した時に確かにプレーはよかったが以前の神の姿はなかった。
しかしファンはプレーを見れるだけで満足します。
3回目の引退を決意したのは、多分年齢的にもきついですし、1番辛いのはもう以前のプレーが出来ないとわかっていても1回でも数々の奇跡を起こした神の姿を見た事のある人ならジョーダンならやってくれる、ジョーダンなら奇跡を起こしてくれるという、ファンの見えない期待でしょう。
そんな彼の引退を目にした時は言葉に出来ないもどかしさでした。
引退後も本屋でそういう記事を読んでも涙が出ました。
本屋の立ち読みで涙が出たのはジョーダンともう1人の辛かったプレーヤーであるロベルト・バッジョの2人しかいません。
まぁ本屋で涙を流す私は世界でも珍しいでしょう。
でも本屋で涙を流すくらい1番辛い別れでした。

チャリティーマッチ等、どんな形でも良いので2人のプレーを拝めたらと少し期待しています。

いつの日かまた…。


では今日はこの辺で。
明日は是非全英オープンを見てみてください。
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイトオランダに復讐できた。のトラックバックURLはこちら
泣いちゃった(T.T) ◇ ◇やっぱりイチローは凄い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。