▽CALENDAR.
08| 2017/09 | 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚相談所から電話があったw

tatsu様が執筆中のそんなわたしのひとりごとが5万ヒット達成~。

おめでとうございます。


最近はこういった素晴らしい事を記事に書く事ができます。

これはたくさんのブロガーの人達に相互リンクしていただいている証拠でしょう。

それだけ私も輪が広がりつつあるのかなぁと思った今日この頃。


相互リンクしていただいているブロガーの皆様、ありがとうございます。





現実の話
電話編

今日は休日。

もうゴロゴロとしていました(ホント、ダメ人間の象徴だよ

ビックリするくらいゴロゴロ…。




そんなお昼下がりのある時に、電話がありました。

(プルプルプルッ)


「はいはいっ、ちょっと待ってよー。」


と言いながら電話に駆け寄る一人のアフォ。

その姿は、さながらエプロンで手を拭きながら電話に駆け寄る主婦である。


(ガチャッ)


相手「こちら結婚相談所の○○です。」

続けざまに、

相手「○○さんはご在宅でしょうか?」


と電話越しに聞こえてくる声は顔が想像できそうなくらい爽やかな美人声だった。

戸惑うアフォ。


私「わ、私ですが…。」

私の心『タウンページには載せてないに、なぜこの電話番号と名前が分かったアルか?』


相手「私の方では結婚の相談をしています、」

相手「今日お電話したのは、簡単なアンケートにご協力していただきたいと思ったからです。」

私「はぁ~?」

私の心『最近の結婚相談所は電話をかけてくるアルか。』


相手「お時間はよろしいでしょうか?」

私「あっはい。」

私の心『そんな美人声で言われるとお時間なくても作っちゃうアルよ。』


相手「ありがとうございます。」

相手「早速ですが、ご結婚はされていますか?」

私「し、していません…。」

私の心『出来ない年齢かもしれないアルよw』(ミステリアスってか


相手「そうですか、それなら何歳までに結婚されたいですか?」

私「えっあっdfg・・・・・わ、分かりません。」

私の心『聞くアルよ、このウブな返答を…。』


相手「あっ声、可愛いですねw」

私「そ、そうですか。」

私の心『声を褒めて、どうこうしようって言う手アルね。』


相手「おいくつですか?」

私「・・・に、にじゅう、は、はちです。」

私の心『本当の事を言うわけがないアルよ。』


相手「えっ声からは想像も出来ないですよ。」

私「えっ。」

私の心『どういう意味アルか?』


相手「聞こえる声が若いですね。」

私「あっ、そ、そうですか?」

私の心『褒め褒め大作戦アルね。』


相手「結婚はされたいですよね!」

私「ま、まぁ、で、できればぁ。」

私の心『その声で、その質問は卑怯アルよ。』


相手「○○市にある○○をご存知ですか?」

私「し、知りません。」

私の心『急に何アルか?』


相手「そこの向かい側の○○知ってますか?」

私「し、知りません。。」

私の心『知らない所の向かい側を知るわけがないアルよ。』


相手「私の会社が、そこの4階にあるのですが…、分かりませんか?」

私「す、すみません、ち、ちょっと分かりません。」

私の心『だ・か・ら、知らないアルよ、』

私の心『1階の○○も知らないのに4階の結婚相談所を知るはずがないアルよ。』


相手「なんで知らないのですか?」

私「す、すみません。」

私の心『いやいやいや、なぜ逆ギレ、アルか。』





相手「もういいです(`m´#)ムカッ」

(ガチャン)

電話が切られた。





















工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工


私の心『まぁネタ貰ったから許すアルよ。』


ヽ(´ー`)ノ




では今日はこの辺で。





☆キャッチーなフレーズ☆
ブロの作品が読めるのは「明日は~」だけです!熱い応援よろしく頼むぜ!!
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイト結婚相談所から電話があったwのトラックバックURLはこちら
6月24日という、かけがえのない日。。◇ ◇時代の風は間違いなく石ころ戦隊に…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。