▽CALENDAR.
04| 2017/05 | 06
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人の天才を見ただわさっ。

やばい感じだ(どうした?

昨日の記事でラストの話以上に凄い事をいっぱい言い過ぎた感じだorz

「みんな期待するな。」と言いたい(別に期待してないから

そういえばまたブログが2日遅れ爆走中である。

いつも同じループ。

2日遅れる。

2日分がんばる。

ペースが追いつく。

調子に乗って更新をおろそかにする。(原因はここだっ!

2日遅れる。

この繰り返し。

昔からそうである。

学校の宿題等もギリギリになってやるタイプのダメ人間。

お尻に火がつかないとやらないダメ人間。

もうどうしようもないのだろう。

そんな今日この頃。


この2日分を追いつかないといけない。

ホントは『インドア~』のラストを書けばいいのだが冒頭で言ったように期待されているかもしれない今は書かない。

この期待が薄らいだあたりにこっそりと書こうではないかという作戦だ。

では2日分を追いつくためには何を書けば良いのかと言えばそれはいつもの作戦で良い(なんだよ、いつもって?

いつもの作戦で一日が潰れる。

それはゲストブック活用法だ(あっあれかっ

よくネタに詰まったらゲストブックを引用する私のいつもの手である。

そしてもう一日は今書いているもので半分くらいの量は書いているだろうからあとちょっと何か書けば良い。(あっ


では作戦スタートだわさっ(だわさっ




現実の話
サッカー編
先日、田中達也が怪我したというニュースを知った。
皆様もご存知のニュースだろう。
怪我はかなり酷いらしく早くても半年、リハビリ等が長引けば一年いやそれ以上かかるかもしれない。
こんな時期に怪我をするとは…と考えられずにはいられない。
来年W杯が迫っていて、達也は候補に選ばれていた。
勿論今回の怪我で選ばれる可能性はほぼなくなった。
非常に残念である。
思い入れのある選手なだけに…。


私が田中達也と言う人間を始めて見たのは彼が高校3年生の時であった。
私は若い選手を見てどの選手が将来日本を背負って立つ選手になるだろうと思いながら観戦するのが好きだから時間があえば高校選手権をよく見る。

ちょうど時間が都合があったので高校選手権の準決勝だったかは覚えてないがある試合を見た。
その試合で彼は帝京高校の10番を背負っていた。

帝京といえばサッカーの名門であり、多くのプロ選手を輩出した高校でもある事は誰もが知っている通りである。
当時の帝京は小沼監督が率いたチームだった。
とても名将の監督であり数多くの選手を見てきた監督でもある。

私の記憶にいまでも鮮明と残っている言葉がある。


小沼監督「達也にだけは自由を与える。


一見どこにでもあるような言葉であるが、これを言ったのが小沼監督なのが忘れられない原因なのだ。
監督は非常にシステマティックな戦術を使う人でファンタジスタはいらないという考えの筆頭な人だった。

小沼監督曰く、数多くの選手を見てきたが達也だけには自由を与えるいや与えなければならない何かを彼は持っている。
監督人生の中で自由を与えられたファンタジスタは達也一人だけなのは言うまでもない。
それだけ達也と言う人間は高校界ではズバ抜けていたのだろう。

達也を擁した帝京ではあるが試合には負けた。
サッカーとは一人ではできないことを教えられた試合でもあった。
達也にボールが渡ると2、3人の相手プレーヤーがチェックに来たが達也は平気であしらった。
まるで大人が子供と遊んでいるように。
そしていくら達也ががんばっても他の所で負けていた。

実はこの試合の相手チームは鹿児島実業だった。
鹿実もサッカーの名門校である。

その鹿実を引っ張っていたのは達也と同じ10番を付けた松井大輔であった。




今思えばこの試合を見れた私はラッキーだったのかもしれない。

将来日本代表になるであろう2人を見ることができたのだから…。

そう2人の10番を背負った天才を見ることができたのだから…。


ドイツW杯での共演を見ることは難しいくなったのかもしれない。


でもいつか2人が日本代表のユニフォームを来てW杯のピッチで奏でるハーモニーを見てみたい。

いや必ず見ることができるだろう。

あの試合を見た人間なら誰もが心からそう思えるそんな試合だった。














達也、待ってるぜ!




あの時の輝きを目にした一人のファンより。








では今日はこの辺で。





☆キャッチーなフレーズ☆
ブロの作品が読めるのは「明日は~」だけです!熱い応援よろしく頼むぜ!!
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイト2人の天才を見ただわさっ。のトラックバックURLはこちら
ゲストブックが旬だわさっ。◇ ◇インドア人間、友達に会う ~パート6~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。