▽CALENDAR.
06| 2017/07 | 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアが熱いらしいよ。

サイトの方は時間がなく全然出来てませんorz(orz

このままでは完成せずにズルズル行きそうなので、そろそろ公開しようと思います。

公開後に少しづつ付け足していこうと思います。

いったいどうなることやら…。





現実の話
サッカー編
プレミアリーグ、もうチェルシーが突っ走ってますね。
このまま行きそうです。





私はアーセナルが優勝すると思いますが何か(…ヽ(´ー`)ノ




このまま突っ走るのとチェルシーファンにとっては非常に面白い事でしょう。
でも逆にこの状況が続けばサッカーファン離れ等の悪い事もあるのではないでしょうか。
それだけ突っ走りすぎですw

この行為に待ったをかけたチームが出てきてくれれば言う事はないでしょう。
でもそんなチームは今のところいません。
期待のマンU、アーセナル、リバプールと赤い3チームの調子が悪いからです。

そこで待ったをかけたのがベンゲル氏、ウィガンのオーナーです。


ベンゲル氏「3点差以上の勝利にはボーナス勝ち点がつくようにしてはどうか。」


遠まわしにチェルシーを批判していますね。
1点先制するとガッチリ守って終わりというスペクタル性に欠けたサッカーを批判していると思われます。

自チームにはアンリという爆発兵器を所有していて、3点差勝利の可能性はかなり高い。
チェルシーは1-0が非常に多いため、このルールになると追いつける可能性はあるかもしれない。

でも現状は難しいのではないかというのが私の見解ではあるが…。

まぁサッカーは何が起こるかわからないので、終わってみないとわからない。


ウィガンのオーナーはサラリーキャップ制の導入しようと呼びかけている。


サラリーキャップと言う言葉は日本ではあまり聞かない言葉ですが、アメリカではお馴染みです。
アメリカのスポーツの殆どの競技で採用されている制度です。

サラリーキャップとはチーム単位の選手報酬総額に上限を設ける規制である。
この制度はお金持ちの数チームとお金のないチームとの戦力の差をなくす良い制度です。

メジャーリーグ、アメフト、NBAは一時期、お金持ちの数チームが名選手を買い漁りファン離れを招きました。
この制度により各チームの戦力が昔よりは均衡してきてよりエキサイティングなゲームを展開する事によりファンを取り戻す事に成功しました。

これをプレミアで導入すると言う事すなわちチェルシーを批判している事です。
もしサラリーキャップが導入されれば、チェルシーはかなり痛いでしょう。

それだけチェルシーのサラリーはズバ抜けているからです。


私はこの制度の導入に賛成です。

私はサッカーと同じくらいバスケも好きです。
なので良くNBAを見るのですが、見ていて戦力が均衡していてとても面白いからです。

これからどうなるのでしょうか?




これからもプレミアのサッカーに色々な意味で目が離せませんね。





では今日はこの辺で。




☆キャッチーなフレーズ☆
ブロの作品が読めるのは「明日は~」だけです!熱い応援よろしく頼むぜ!!
スポンサーサイト

『最近ふと思う事』
10代の頃は周りの香具師よりは自分はもっと立派な大人になる自信が少しだけあった。20代になって段々と歳をとるのが怖くなって、でもいつかは自然に落ち着くよ、と言い聞かせる自分がいる。30になれば、毎日が焦りの日々になり、大人を取り繕う事でいっぱいになるだろう。そして40になり…、もう手遅れになってようやく気付くと思うんだ。自ら何もしなければ、人はただ歳をとった子供でしかないということを…。そしてもう自分は何かをするには歳をとりすぎてしまっているということを…。だからこそ今をがんばんないといけないんだよね。
そう毎日を大切に生きていかなければならないんだ。

◇この記事へのコメント

▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

スポンサーサイトプレミアが熱いらしいよ。のトラックバックURLはこちら
高校1年生で165cm・・・。◇ ◇国王っていう響きがグッドだぜb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。